TANITA/タニタ 【只今値下げ中!】BC-562 WH (ホワイト)体組成計 インナースキャン 体重計




★ TANITA/タニタ 体組成計 【只今値下げ中!】BC-562 WH (ホワイト)体組成計 インナースキャン 体重計 (BC562) 特徴・機能 どんな商品? ☆一日に摂取しておきたいカルシウム目標量がコップ何杯の牛乳に相当するのか換算表示する☆前回値(体重、体脂肪率)☆内臓脂肪0.5レベル単位で表示可能●体重:100g表示   脂肪率:0.1%表示●基礎代謝量・基礎代謝判定付き・推定骨量・体内年齢・筋肉量&スコア・内臓脂肪レベル●カルシウム摂取目標量 体内年齢について 体組成と基礎代謝の年齢傾向からタニタ独自の研究により、 体内年齢を1才単位で表示します。 基礎代謝量について 基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。 通常、1日の総消費エネルギー量の内約70%を占めます。 基礎代謝量が多い人は脂肪が燃えやすい体で肥満になりにくく、 少ない人は脂肪が燃えにくい体で太りやすいと言われます。 基礎代謝は筋肉を中心に消費されますから、 基礎代謝量も筋肉量によって左右され、 同じ体重でも筋肉量の多い人の方が基礎代謝は高くなります。 筋肉量について 筋肉量が減るとエネルギー消費が減るため 脂肪が蓄積しやすくなり、さまざまな病気の原因にもなります。 筋肉量に注意を払うことは健康と美容のために大切です。 タニタでは筋肉量と、身長に対してどのくらいの筋肉があるかがわかる 「筋肉量スコア」を表示します。 推定骨量について 体を支えたり、内臓や脳を保護するなど大切な役割を果たす骨。 骨全体に含まれるミネラル(カルシウムなど)の量を「骨量」といいます。 20才頃に最大の骨量となり、その後加齢とともに徐々に減少していきます。 無理なダイエットは骨量の低下を招くので避けましょう。 タニタでは、除脂肪量(脂肪以外の組織)との相関関係をもとに 統計的に推定した「推定骨量」を表示します。 ※下記の方は正しい値が出ない可能性がありますので、 あくまでも参考値としてみてください。 ●高齢者、更年期もしくは閉経した女性 ●女性ホルモンの投与を受けている方 ●妊娠中、授乳中の女性 ●成長期の子供 体脂肪率について 本当の「肥満」は体重だけでなく体脂肪率で判断します。 体脂肪は活動エネルギー源になるだけでなく、体温を保つ、【只今値下げ中!】BC-562 WH (ホワイト)体組成計 インナースキャン 体重計 スペック情報外形寸法(幅×高さ×奥行)295×46×310?質量約2.4?(電池含む)体重体年齢●BMI測定基礎代謝筋肉率体脂肪率内臓脂肪レベル●データメモリ 

■商品コード:murauchi-denki:26161849

レビュー平均:4.33